きもの倶楽部 風流 HOME > きものミニ講座
きものミニ講座
銘仙について
銘仙とは、先染の平織り絹織物です。
関東平野の周辺、両毛線(小山から高崎まで)の伊勢崎、桐生、館林、足利、八高線(高崎から八王子)沿線の、秩父、飯能、村山、所沢、青梅、八王子の11産地で、自家用の太糸を用いた太織物が元祖でした。
photo

江戸時代、絣は未だ関東には、入っておらず、縞も現在の縞柄のデザインではなく、「筋」というような地味な柄と無地がほとんどであったようです。

唐桟縞の輸入から縞が大流行して、みようみまねで、縞柄を織り生地も玉糸を使った薄手の物に変化して市場に出るようになり,生産も大きくなりました。

明治に入ってから、絣が織られるようになり、更に大きくなりました。
産地としては、伊勢崎、秩父、桐生、足利、八王子の5産地でした。
photophoto

銘仙が全国版になったのは、明治42年伊勢崎において
<解し絣>(ほぐしかすり)の技法が開発され、大正中頃から銘仙の絣産地の主流を占めて、大正末期から昭和の10年過ぎ戦争が始まるまでの全盛期を迎えたのです。
photo

<解し絣>とは、仮織りした経糸に小紋と同じように型紙で捺染をし、仮織りの緯糸を解してから、本織りをする所からほぐし絣と呼ばれました。
それまでの、<しばり絣><板締絣>と比べて、柄、色も自由に複雑なデザインが可能となり、生産も飛躍的に伸びたのです。

photophoto


元々、<目専>、<目千>、<霊織>等の文字があてられていましたが、昭和になって、日本橋三越で<大銘仙展>を開催する際、 「銘々撰びなさい」という所から「銘仙」の文字が使われ、これが一般名となったのです。
photo

別表の如く、昭和5年(1930年)全国銘仙連盟会が出来て、関東11産地が参加しました。
この年、日本本土の人口約7,000万人に対し,銘仙の生産は1,300万反。この中には夜具地も入っていますが、物凄い数字だったのです。 現在大流行の「ゆかた」の約5倍の反数が織られたわけで、現在残っている柄を見ても「何でも有り」と言った状態で、 よくこんな柄まで織ったものだというものも有り、生地も玉糸使いの丈夫な材質の物から、平織りの絹紡糸を使ったものまで有りました。

「村山大島」も元々は銘仙の板締め絣でした。

全盛を誇った銘仙も戦時下、きものどころではなく、途絶えましたが、戦後、織場が工場組織でなく農家の副業で簡単な手織機であったため、いち早く復活しヤミ取引の好材料となりました。
中心産地である伊勢崎で昭和20年(1945年)117,615反、昭和31年(1956年)292万反と記録されておりますが、 この年を境として、ウールのきものが銘仙の技法をそのまま取って代わり、昭和40年(1965年)には、ウールきものが190万反生産されたのです。

昭和28〜29年頃の市場価格は銘仙で2,000円位、お召しの絣が6,000〜7,000円位、小紋が10,000円位、 縫取りお召しは、12,000円位でした。

現在、伊勢崎、秩父で銘仙の復刻版ともいう品物が、<解し絣>の技法を用いて織られだしましたが、 伊勢崎では有志の機屋が数社、秩父では、見学者用の銘仙会館の中で10台程度の生産がある程度です。
この程度の生産では、価格も紬絣と同程度となり、仕立て代等を考えると、若い方に来て貰うのは難しく、 ゆかたと同じように既製品として、販売できれば、再び流行するのではないでしょうか・・・・

銘仙について2